亜細亜大学の特徴

亜細亜大学の特徴や入試、卒業した芸能人・スポーツ選手について

亜細亜大学の入試の難易度

亜細亜大学 イメージ

関東地区の私大の中でも特にスポーツ面の活躍で知られている亜細亜大学ですが、その入試の難易度はそれほど高くはありませんがスポーツ関連の学部では何割かを推薦で取るので、 一般入試に関しては、筆記と実技でかなり良い点数を取らないと倍率が高い場合もありますがその他の一般の学部に関してはそれ程難しくはありません。

入試に関して必要な科目としては、学部によって違いはありますが、二教科から三教科の試験が通常で選択式の試験となっています。

その為自分の得意な科目から選ぶ事ができる上にそれほど偏差値が高くないので倍率高くないことをあらわしています。 試験の中には昔で言う一芸入試のような学問以外で得意なものがあれば活かすことができます。

亜細亜大学の特徴や卒業した主な芸能人や政治家は?

亜細亜大学は東京都武蔵野市に本部を置く私立大学で、設置されたのは1950年です。

この大学は一芸入試の制度を導入して個性的な学生を入学させたり、アジアを中心とする多くの国の言語を学ぶことができたり、複数の留学プログラムを用意して海外留学に力を入れているなどを、その特徴として挙げることが出来ます。

また中国を始めとするアジア圏から訪れている留学生が多いという点も特徴となっています。

この亜細亜大学を卒業した芸能人としては、女優の石田ひかりや黒川智花、大路恵美、加藤あい、タレントの吉木りさ、ベッキー、杉浦未幸、モデルの久松郁実などがおり、幅広いジャンルにおいて多くの人材を輩出しています。

亜細亜大学を卒業した政治家としては、勝部修や堀泰一郎などを挙げることが出来ます。

亜細亜大学出身の主なスポーツ選手や有名なスポーツ、部活

亜細亜大学出身のスポーツ選手と言えば、小池秀郎さんが真っ先に思い出されます。

彼は大学4年生の時、ドラフト会議で8球団から指名されロッテが交渉権を獲得したものの、入団後を拒否したことで一躍有名となったのです。

今も亜細亜大学の野球部は強豪チームには変わりはなく、多数のプロ野球選手を輩出しています。例えば投手では阿波野秀幸さんや高津臣吾さん、与田剛さんです。

野手では大石大二郎さんやパンチ佐藤さん、赤星憲広さんです。

またその他のスポーツ選手では、バレーボールの金丸将大学さん、町野仁志さんが有名です。

またオリンピックメダリストはいずれも野球で、藤本敦士さん、中本浩、森昌彦さんが亜細亜大学野球部出身です。