東海大学の特徴

東海大学の特徴や入試、卒業した芸能人・スポーツ選手について

東海大学の入試の難易度

東海大学 イメージ

東海大学は全国的に名前が知られており、学部は文系と理系があります。

文系は文学部、法学部、政治経済学部、国際文化学部、教養学部、経営学部、観光学部があり、理系は工学部、理学部、情報理工学部、海洋学部、医学部など数多くが用意されています。

一般的に理系の方が合格する偏差値が高めと言われていますが、全体的な合格の偏差値が50前後と言われていますので、事前に念入りな準備をすれば入試で失敗することはあまりありません。

従って、難易度は平均的と言えます。試験科目は英語・国語・選択科目の3科目ですから比較的楽で、文系はこの3科目の中から成績が良い2科目のみを合格基準にしている学部が多数あります。

倍率が1倍という学部も見受けられますので、東海大学の入試は必須とされている英語を中心にきちんと勉強しておけば、合格の可能性は高いと言えます。

東海大学の特徴や卒業した主な芸能人や政治家は?

東海大学は、1946年に設置された私立大学です。航空科学専門学校が元になっており、理学・工学・生物学が重視されています。

また、理工学部の学生の割合が多いのも特徴の1つです。工学部航空宇宙学科には航空操縦学専攻が開設されており、数少ないパイロットの養成を実施する課程となっています。

東海大学を卒業した芸能人には、ファッションモデルで女優の榮倉奈々や俳優の坂口憲二、タレントの照英などがいます。

また、スポーツ選手には、読売ジャイアンツの監督も務めたことのある原辰徳や読売ジャイアンツの菅野智之、広島カープの田中広輔などがいます。

政治家には、法務大臣を務めたことがある田中慶秋がいます。また、作家の夢枕獏も東海大学を卒業しています。

東海大学出身の主なスポーツ選手や有名なスポーツ、部活

東海大学は多くのプロスポーツ選手を輩出している名門校です。

東海大学出身のスポーツ選手は野球では監督まで務めたジャイアンツの原辰徳さんや菅野智之さん、千葉ロッテマリーンズの伊志嶺翔大さんがいます。

柔道では山下泰裕さん、井上康生さん、塚田真希さん、ベイカー茉秋さんなどの多くのメダリストを輩出しています。陸上選手の高野進さんや末続慎吾さん、プロライフセイバーの飯塚誠司さんも東海大学出身です。

ウインタースポーツでもモーグルの里谷多英さん、スキージャンプの小林潤志郎さんがいます。

様々なジャンルのスポーツで活躍している人が多くメダリストや記録保持者、国民栄誉賞とアスリートの中でもトップレベルの人たちが多くいます。